スポンサードリンク

冬季性うつ病

セントジョーンズワートは、うつ病に効果がありますが、うつ病には、冬季性うつ病(季節性感情障害)という病状があります。晩秋から冬の間だけに症状として現れるため、そう呼ばれています。



冬になると、今までやってきた仕事がこなせない、集中力がない、体がだるい、なんだか悲しくて泣けてくる、自己嫌悪に陥りやすい、眠くて仕方がない、甘いものや炭水化物がやたらと食べたくなるといった、うつ症状が現れても、春になると何事もなかったかのように元気になるため、病気とは意識せずにいる人がかなり存在するようなんです。



冬季性うつ病になる原因は、日照時間が晩秋から冬にかけて短くなることにあるといわれています。日照時間が短くなると、体内時計と関わり深い脳内物質のメロトニンが過剰になり、逆に神経伝達物質のセロトニンが減少することで、睡眠や精神面に影響をもたらすようなんです。冬が長い東北や北陸では、冬季性うつ病に悩む人が多いといわれています。



冬季性うつ病には光療法が効果的とされていますから、日中なるべく日の光を浴びるようにするのが良いようです。また、体内時計のリズムを整えるために早寝早起きをしたり、セロトニンの素になるビタミンやたんぱく質が多く摂れるように食生活を工夫するなども良いようです。さらに、加えて、セントジョーンズワートを利用するのも効果的と思われます。



セントジョーンズワートの気分を晴れやかにする効果や、集中力を引き出す効能が冬季性うつ病にも有効と考えられます。セントジョーンズワートはハーブティーとしても、サプリメントとしても手軽に利用できることがメリットといえます。

セントジョーンズワート 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。